家庭用脱毛機を使って、ワキの毛を処理する

家庭用脱毛機を使って、ワキの毛を処理したい場合、他の場所の施術以上に、前準備に気を使わなければなりません。鏡に映して見ればわかるように、ワキの毛はかなりの太さがあります。


また汗をよくかく場所であることからわかるように汗腺が密集しています。皮膚はやわらかく、いわゆるデリケートゾーンになりますので、脱毛機を使う際には十分な注意が必要なのです。
施術の前日までにワキの下のシェービングをおこないます。
どうせ毛を抜くのなら剃らなくてもいいと思われがちですが、毛が長いと処置の時に焦げることがあります。

痛みを伴いますし、火傷になってしまうこともあるので、しっかりと下処理をしておきましょう。

脱毛機の特徴を紹介するサイトです。

またその際に、ほくろやあざなどがないかを確認しておきます。当日は処置の前に必ずアイシングをしてください。

保冷剤などを使うと手軽でよいでしょう。脱毛サロンや医療脱毛などに行くとわかるのですが、施術者は何度もアイシングをくり返して、光を照射します。



痛みを軽減させ、肌を守るためです。

自己処理のときは、近くに保冷剤を置いておき、何度か照射をくり返したら冷やすようにします。照射の際には、施術部位のほくろやあざを絆創膏などで隠してから始めます。



また脱毛機の出力レベルに注意しましょう。足や腕と同じパワーでは、デリケートゾーンには強すぎます。
低いレベルから肌の具合をチェックして、ちょうどい良い出力に調節します。くれぐれも痛みを我慢したりなど、無理はしないようにしてください。